女性も薄毛に悩んでる?
2017.06.21

根毛薄毛というと男性の病気と思われがちですが、実際女性で悩んでいる人がとても多い医です。薄毛は男性の病気という先入観がある為、実際自分自身が薄毛になった場合、あまり公にできず、自分一人で悩んでしまうのです。
日本全国で薄毛に悩む人は、約1200万人そして、女性の場合600万人もいるといわれます。男性の半数だとしても、600万人は多いです。確かに、男性の薄毛のなりかたと、女性の薄毛のなりかたでは少し違います。
気になり始める要因としては、「全体的にボリュームが無くなってきた。」「抜け毛が多い」「分け目が気になる」といった症状になります。女性も社会に出ることが多くなり、仕事のストレスもそうですが、女性ならではの問題として「育児のストレス」「嫁姑問題」「介護の悩み」など人生の中でとても重要な問題でストレスを感じていることが多いのです。恐らく、誰にも相談できずに一人悩んでいることの方が多かったのでしょう。
またそれ以外にも原因があります。女性は、おしゃれに目がありません。髪の毛を染めたり、ブリーチしたり。いつもこだわっているヘアスタイルがある。このように髪の毛を酷使していると、その所から徐々に薄くなっていくという事があります。
更に、女性の場合更年期障害があります。ホルモンバランスが崩れ、女性ホルモンの割合が少なくなり、おのずと男性ホルモンが多くなる。また、不眠症やイライラといったストレスが重なり、頭皮に症状が出てくるのです。女性だけではありませんが、ストレスを感じてくると頭皮が硬くなり活動が鈍くなります。
そんな時には、アロマを焚いたり、香りの付いたお風呂に入るなど心身ともにリラックスできる状態を作るといいでしょう。ストレスの軽減、生活習慣の改善をすることにより薄毛対策が出来るようになります。基本的に薄くなる原因は男性と変わりませんが、おしゃれの分だけ、髪を触る機会が男性より多いですね。その分頭皮を痛めています。シャンプーもそうですが、1日の中で頭皮を触る回数を減らし、頭皮を休めましょう。
近頃、男性の発毛治療が東京に沢山出来てきていますが、女性専門の薄毛治療専門のクリニックもできています。女性発毛が新宿のクリニックにあります。AGA治療も併設しているクリニックですので、悩んでいる方は、調べてみるとよいでしょう。
発毛は東京のクリニックでは激戦区ですので比較検討してみてください。女性も一人で悩む時代は終わりました。発毛は東京で盛んにクリニックが出されています。勇気を出して、一歩前に踏み出しましょう。

▲ ページトップへ